女性はクルマで男を判断した…速いクルマ、カッコいいクルマに乗ってればモテた80年代クルマモテ論

女性はクルマで男を判断した…速いクルマ、カッコいいクルマに乗ってればモテた80年代クルマモテ論

女子大生にモテモテだった(父親の)トヨタ・ソアラ。当時は週末、青山通りをクルマで青山一丁目に向かう際、赤坂付近で上りカーブに差しかかると、一面に赤いテールランプが。どこに行くにも渋滞してましたが、利便性を考えて地下鉄に乗ったら負け!と思い、辛抱しました

80年代の若者といえば、何はともあれクルマ。いいクルマに乗ることは、若者のみならず男の憧れであり、今では考えられないステイタス。そんな時代に青春を謳歌したカーライフの申し子による80年代クルマ回顧録(文/清水草一)

 私が免許を取ったのが1980年。つまり80年代カーライフの申し子と言ってよかろう! なにせ当時のクルマってのは一種のスター。カーライフといえば、それは誰のものであってもスターの生活みたいなもので、地味だろうが貧乏だろうがみんな関心を持ったし、話題の中心だったんだよ!

 というか、当時の若い男の生活は、クルマを中心に回っていた。生活における太陽のようなものですね。

 そして特筆すべきは、女性たちもクルマを非常に重視していたという事実だ。今じゃ考えられないが、当時の女性は、クルマを男の価値の一部として見ていたのだ!

 70年代に書かれたフランチェスコ・アルベローニの名著『エロティシズム』は、女性が男性を判断する材料の一つとしてスポーツカーを挙げているが、80年代の日本でも女性はクルマで男を判断した。もちろん全部じゃないけど、今でいえば学歴とか就職先くらいの重みはあった。東大卒ってだけで、誰だって一目置くよね? いいクルマに乗ってるってことは、それくらい重要なことだったのだ。

 では、女性がなぜ男のクルマを重視したか。

 いいクルマで迎えに来てくれる男は、一流企業の社員みたいなもの。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)