ピュアオーディオファンとDJが歓喜した伝説の名機SL-1200復活の軌跡

ピュアオーディオファンとDJが歓喜した伝説の名機SL-1200復活の軌跡

ピュアオーディオファンとDJが歓喜した伝説の名機SL-1200復活の軌跡の画像

 オーディオ全盛期に誕生し、ピュアオーディオファンはもちろん、世界中のDJたちに愛されたレコードプレーヤーの名機「SL-1200」シリーズ。2010年に惜しまれながら販売を終了するも、すべてを一新して蘇った。

 2016年、ピュアオーディオファンとDJが歓喜するニュースが届いた。それは、パナソニックのTechnics(テクニクス)が手掛けるレコードプレイヤー「SL-1200」の復活だ。

「初代SL-1200は1972年に誕生しました。最大の特徴は、ターンテーブルにダイレクトドライブ方式を採用したことです」とは、復活劇のキーマンの一人、パナソニックの上松泰直氏。

●上松泰直氏……パナソニックAVC商品部チャンネル戦略企画課Technics担当課長。特に印象に残っているシリーズは「SL-1200LTD」

 ダイレクトドライブは、SL-1200シリーズの原点にあたる「SP-10」(1970年)に初めて搭載された。ターンテーブルが、低速回転のモーターに直接結合されており、その回転をダイレクトに感じられるのが大きな魅力だ。さらに、ゴムの消耗に伴う回転ムラや回転数の変化、ベルトの振動による雑音の解消などにも成功。起動の早さや優れた安定性も人気を博し、ダイレクトドライブ方式のターンテーブルは、登場から50年近くたっても、SL-1200シリーズに受け継がれているのだ。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1365265

「SL-1200シリーズは、デザインやボタンなどの配置をほとんど変えずに継承しています。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)