ゴーディは「帰りたかねぇ」といってガッハッハと笑った――フミ斎藤のプロレス読本#051【全日本ガイジン編エピソード19ゴーディ外伝】

ゴーディは「帰りたかねぇ」といってガッハッハと笑った――フミ斎藤のプロレス読本#051【全日本ガイジン編エピソード19ゴーディ外伝】

『フミ斎藤のプロレス読本』#051は【テリー・ゴーディ外伝1】。全日本プロレスの“群れ”を離れたテリー・ゴーディは、フリーの立場で久しぶりにトーキョーに舞い戻ってきた。ナイトクラビングの街ロッポンギは、寂しがり屋のゴーディをちょっとだけ安心させた(写真は全日本プロレス・オフィシャル宣材フォトより)

 199X年

 ギラギラのネオンサインと色とりどりのタクシーと左側通行の道路をながめていると、またこの街に戻ってきたんだという実感がわいてくる。テリー・ゴーディの南部なまりのイングリッシュで発音すると、ジャパンがジャッパーンになる。

 生まれて初めてジャッパーンにやって来たのは15年もまえのことだ。夏の終わりのむし暑い夜、蔵前国技館のリングでテリー・ファンクの回転エビ固めを食らった。1983年でもいいし、昭和58年でもいい。どっちにしても、ずいぶん昔のはなしになってしまう。

 ゴーディは、トーキョー・ウォッチングの達人である。とくに六本木にはうるさい。ナイトクラビングの街だから、お酒を飲んで、そのへんをほっつき歩いて、またお酒を飲んで、またそのへんをほっつき歩いていればいい。

 なるべく時計をみないようにして遊んでいると、このままずっと夜がつづくんじゃないかという気がしてくる。

 ちょっとまえまでスティーブ・ウィリアムスといっしょによく足を運んだ“ピップス”――ロア・ビルのまえから信号を渡ったところ――は、いつのまにか妙に立派なチャイニーズ・レストランに姿を変えていた。

 ホーク・ウォリアーに教わって通うようになったカウンター・バー“ミストラル”は、オーナーが代わったのか、バーテンダーも客層もガラッと変わっていた。

 “ピップス”のあったところのおとなりのオレンジ色のイタリアン・レストランがあるところ――いまはうどん屋さんになっている――は、何年かまえまでは朝まで開いているカフェ・レストラン“ジャック&ベティ”だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)