AKB48「神曲縛り」公演がアツ過ぎる! パフォーマンスの実力者が勢ぞろい

AKB48「神曲縛り」公演がアツ過ぎる! パフォーマンスの実力者が勢ぞろい

AKB48「神曲縛り」公演がアツ過ぎる! パフォーマンスの実力者が勢ぞろいの画像

 7月20日、秋葉原のAKB48劇場で作曲家・井上ヨシマサがプロデュースするAKB48劇場「神曲縛り」公演の初日ゲネプロが行われた。9割が井上作曲の楽曲で構成された本公演。パフォーマンスの実力者を集め、「歌のスキルとかダンスとかメンバーが輝ける曲を選んだ」と井上が語るようにみどころ満載となっている。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1367763

 まずovertureの映像だ。公演には出演しないSKE48の高木由麻奈が作ったもので、時折SKE48のコンサートなどでも映像作品を作っていた高木を抜擢するあたり、井上がパフォーマンスだけでなく活動やいろんな面をみて公演を構築したのがよくわかるスタートだった。公演は1曲目「RIVER」で始まり、5曲目の「真夏のSounds good!」まで全体曲をいっきに披露。通常、最初のMCまでの全体曲は4曲なのだが、曲数が増えたことでメンバーたちの集中度合いや気持ちの入り方がいつもより強く感じた。

 6曲目の「泣きながら微笑んで」から9曲目の「孤独の星空」までのユニットでは、岡田奈々や峯岸みなみ、神志那結衣の歌唱力、古畑奈和のサックス、竹内美宥のキーボードなどより個性に見どころをおいた楽曲で構成されている。

 そして、この公演で一番心を掴まれるが10曲目の「カモネギックス」から始まるダンス曲構成だ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)