殺人虫、細菌、自然災害…夏のレジャーは死の危険と隣り合わせ

殺人虫、細菌、自然災害…夏のレジャーは死の危険と隣り合わせ

殺人虫、細菌、自然災害…夏のレジャーは死の危険と隣り合わせの画像

 強い毒性を持つ外来種「ヒアリ」が国内の各地で見つかり不安が高まっているなか、マダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症し、10日後に女性が亡くなったというニュースが報じられた。これまでSFTSは草むらにいるマダニに噛まれることで感染すると考えられていたが、今回の女性のケースはマダニに噛まれてSFTSウイルスに感染した野良猫に噛まれたとみられる。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏は、こう警鐘を鳴らす。

「マダニに噛まれてSFTSに感染すると、致死率は20%といわれています。もっと身近な害虫で怖いのは、ハチによる被害です。ハチによる死者は毎年20人前後、この10年間で通算200人を超えるほど。そのほとんどが、アレルギー反応であるアナフィラキシーショックなので、一度刺されると、逆に危険度は増します」(和田氏)

 ハチに襲われやすいのは、「黒い服」や「香水・整髪料」だ。

「ハチはテリトリーを形成して、敵が侵入すると攻撃する。自然界でのハチの天敵は熊なので、“黒=熊”と認識して襲い掛かるのです。黒い服はもちろん、帽子を被らず毛髪を露出しているのも危険です。また、香水や整髪料の匂いはハチを引き寄せてしまいます」(和田氏)

 そして、ハチに次いで死者が多いのがヘビだ。

「ハブは温度や光を感知して飛んでくる。石垣の隙間を住処にしているので、夜は近づかないように。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)