“神様”カール・ゴッチ――フミ斎藤のプロレス読本#053【カール・ゴッチ編エピソード1】

“神様”カール・ゴッチ――フミ斎藤のプロレス読本#053【カール・ゴッチ編エピソード1】

『フミ斎藤のプロレス読本』#053はカール・ゴッチ編エピソード1。カール・ゴッチの名は“プロレスの神様”というニックネームとワンセットになっている(写真はカール・ゴッチのパブリシティー・フォトより)

 199X年

 カール・ゴッチKarl Gotchの名は、“プロレスの神様”“レスリングの神様”というニックネームとワンセットになっている。

 “神様”というニックネームは日本のマスメディアがつけたもので、ゴッチ自身は「わたしこそはレスリングの神である」と語ったことはいちどもない。

 なぜ神様なのかというと、それはゴッチが“人間レベル”で日本のプロレス・シーン、あるいは日本のレスラーたちとかかわりを持ったことがなかったからだ。

 1924年8月3日、ベルギーのアントワープ生まれ。本名カール・イスタス。そのプロフィルには“空欄”の部分がいくつかあり、ナチス・ドイツの国家社会主義体制のもとで少年時代を過ごし、捕虜収容所内で第二次世界大戦の終戦を迎えたとされる。

 終戦から3年後の1948年、ベルギー代表としてロンドン・オリンピック(レスリング=グレコローマン)に出場。ただし、資料によっては、22歳(1946年)のときにドイツでプロレスラーとしてデビューしたとするデータもある。

 ベルギーのトーナメント大会(1953年)に出場したときにビル・ロビンソンの叔父でプロレスラーだったアウフ・ロビンソンと出逢い、このロビンソンの誘いでイギリスのウィガンにある“蛇の穴Snake Pit”ビリ・ライレー・ジムを訪ねた。

 イギリスでの暮らしが気に入ったゴッチは、そのまま5年間、ウィガンに滞在。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)