野球漫画の常識を打ち砕いた問題作『タッチ』が野球少年に教えてくれたこと

野球漫画の常識を打ち砕いた問題作『タッチ』が野球少年に教えてくれたこと

野球漫画の常識を打ち砕いた問題作『タッチ』が野球少年に教えてくれたことの画像

 「バブル前夜」とされる80年代半ばあたりまでの少年漫画シーンを語るとき、忘れてはならないのが「サンデー系の躍進」だ。

 なんだかんだいって、これまで主流を占めていた劇画タッチの熱血路線から、「汗」と「雄叫び」と「オーバーアクション」を徹底的に排除した恋愛至上主義、いわゆる「ラブコメ路線」を全面に打ち出し、漫画界の流れを大きく変えたのが『少年サンデー』と『ビッグコミック』シリーズであった。

 その牽引役として挙げられるツートップは、もうおわかりだろう。高橋留美子とあだち充である。『うる星やつら』(少年サンデー/1978〜1987年)、『めぞん一刻』(ビッグコミックスピリッツ/1980〜1987年)、『みゆき』(少年ビッグコミック/1980〜1984年)、『タッチ』(少年サンデー/1981〜1986年)……と2人の巨匠はすさまじいペースでこの時期、等身大の恋愛にホンのちょっぴり“非現実”をフレイバーした傑作を世に量産している。

 なかでも『タッチ』は、当時まだスポ根モノの代名詞であった「野球漫画」の常識をモノの見事に打ち砕いたエポックメイキング、れっきとした問題作だったと断言できる。

『巨人の星』『侍ジャイアンツ』『アストロ球団』『キャプテン』『プレイボール』ほか、旧来の野球漫画の恋愛指数がほぼ0%だったのに対し(星飛雄馬は美奈さんに、番場蛮は理香さんに一応恋していたが……)、『タッチ』は60%? 70%? いやいや、下手すりゃ90%以上……。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)