歌舞伎町の“ヤクザマンション”に4500円で民泊してみた…

歌舞伎町の“ヤクザマンション”に4500円で民泊してみた…

歌舞伎町の“ヤクザマンション”に4500円で民泊してみた…の画像

 2020年の東京オリンピックに向け、注目を浴びている民泊ビジネス。民泊とは一般の民家を貸すことで、ホテルよりも安く宿泊できるというもの。外国人観光客には人気だが、国内の民泊に日本人が宿泊しても、快適に過ごせるものだろうか? よく知る街の民泊物件に泊まり、その実態を探ってみた。

 今回、利用したのは「Airbnb(エアビーアンドビー)」(通称エアビー)、今もっとも利用者が増加している民泊仲介サイトだ。部屋を貸す人(ホスト)に、部屋を借りたい客(ゲスト)が宿泊希望を申し込み、交渉が成立すれば宿泊できる。部屋を借りるためには電話番号、メールアドレス、そして本人認証のための顔写真の登録が必要だ。

 部屋のタイプは3種類。ホストが住む家の空き部屋を借りる「個室」「シェアルーム」。「個室」はベッドルームのみが個室で、キッチンやトイレは共用、「シェアルーム」はベッドが複数あり、他の宿泊者との相部屋となっている。そしてホテル同様に泊まれる「まるまる貸切」タイプ。ホストや宿泊客とは別の部屋に泊まれるので、出張にもオススメだ。

 筆者は、門限や他人を気にせずに宿泊したかったので、「まるまる貸切」タイプを選んだ。場所は、仕事で行動するのに便利な新宿をチョイス。新宿で「まるまる貸切」だと、少し値段が上がる。同じ新宿でも「個室」と「シェアルーム」の最安値が1泊2000円台だとすれば、「まるまる貸切」は4000円以上だ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)