休日の短パンおじさんが悩む「外出時のバッグをどうするか」問題

休日の短パンおじさんが悩む「外出時のバッグをどうするか」問題

取材や打ち合わせがない日は、短パンに“サコッシュ”というバッグで出社する記者。そろそろ上司に怒られないか心配だ…

 本格的なサマーシーズンを迎え、短パンを穿かずにはいられない! 街ではもちろん、休日にフェスやBBQ、アウトドアなどに出掛ける人も多いのではないか。そこで問題になるのが、バッグや小物入れをどうするのか。我々おじさんはどんなアイテムを持ち歩けばいいのだろうか……。

 街中では定番のショルダーバッグはもちろん、大きめの財布をポーチの代わりにしている短パンおじさんも見かける。では、今年のファッション的にどれがアリ/ナシなのか。

 2017年夏、短パンおじさんの小物入れ問題をスタイリストや専門誌ライター、一般女性などに聞いてみた!

◆ちょっと微妙な小物入れを発表! トレンドに変化アリ!?

 まずは、短パンおじさんがコレを小物入れとして持ち歩いていたら“今年はあまりイケてない”というアイテムから。なんと、近年のトレンドに変化が見られるらしい……。

・クラッチバッグ

 ここ数年で一世を風靡、定番のひとつとして認知されたクラッチバッグ。とはいえ、時代の移り変わりは激しい。「クラッチバッグは、今年のスタイルとしてはあまりオススメできない」とは、メンズ&レディース両方のファッション雑誌でスタイリストを務める吉田圭佑氏。

「ハイブランドからカジュアルブランドまで様々なモノが流行りました。年相応の(大人っぽい)アイテムとして人気となりましたが、逆にいやらしい感じがして、今年の気分ではないかも知れません」(吉田氏)

 また、ライフスタイルやカルチャー雑誌などで10年以上活動を続けているライターのA氏は、クラッチバッグを一刀両断する。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)