みんなもう忘れてる40歳の大英雄。歴史的快挙だった2017年自動車業界最大のニュースとは?

みんなもう忘れてる40歳の大英雄。歴史的快挙だった2017年自動車業界最大のニュースとは?

インディカー参戦8年目、インディ500挑戦8回目にして掴んだ栄光。日本製(ホンダ)エンジンでの日本人初優勝でもある

清水草一×渡辺敏史両氏による恒例の自動車放談は、今回が15回記念大会! 愛すべきクルマバカの2人が選ぶ、2017年上半期自動車業界の刮目ニュースをお届けします!

<クルマバカ放談 2017年上半期編>

自動車ライター・清水草一 × 自動車ライター・渡辺敏史

――上半期を振り返ると。

渡辺:タカタの経営破綻ですか?

清水:いや、佐藤琢磨のインディ500優勝だよ! 夢のまた夢みたいなことが起きたんだよ!

渡辺:歴史的快挙ですよね。でも事前情報はトヨタのル・マンの盛り上がりとは正反対で、琢磨への期待値って、なかったじゃないですか。

清水:正直、もう誰も琢磨には期待してなかったんじゃないかな……。それがまさかの優勝! でも、大偉業にしては報道が少なかったね。

渡辺:ホンダの優勝リリースが出るのもずいぶんと遅かったですし。

――確か翌日の午後でした。

渡辺:その代わり、琢磨が凱旋帰国したときには、ホンダのウエルカムプラザでわりと派手にイベントやって、NSXをプレゼントしてました。

清水:NSXなんかいらないよ。カーマニアを含め日本人の脳内からNSXはすでに消えたでしょ。

渡辺:こないだホンダのメディア向け技術発表会が栃木研究所であって、そのとき研究所の人が、やらなきゃいけないことはだいたい把握したから、アメリカから日本に開発比重を移して、今から頑張るとは言ってましたけど。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)