今井絵理子、渡辺謙…不倫報道の馬鹿馬鹿しさ――「つまらないニュース」から身を守る方法

今井絵理子、渡辺謙…不倫報道の馬鹿馬鹿しさ――「つまらないニュース」から身を守る方法

今井絵理子、渡辺謙…不倫報道の馬鹿馬鹿しさ――「つまらないニュース」から身を守る方法の画像

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第9回

 矢口真里、ベッキーと川谷絵音、乙武洋匡、ファンキー加藤、渡辺謙、そして今井絵理子。昨今は不倫報道が加熱しています。しかし、その内容はどれも低レベルなものばかりで見るに耐えません。

 たとえば今週のワイドショーでは、今井絵理子と橋本健という二人の議員に関して、新幹線での盗撮写真が紹介されていました。手をつないで眠る二人について、大の大人が雁首揃えたスタジオで「手のつなぎ方からこういった印象が」と解説している姿は本当に呆れてものが言えませんでした。

 不倫が良いとか悪いとかではなく、他人の問題についてあれこれとケチをつけている構図がどうしようもなく哀れです。人生には「不倫が噂される議員同士の手のつなぎ方」よりももっと重要なことがあり、もっと報道すべきことが他にあると思います。

 とはいえ、かくいう私もこうして不倫についてあれこれ言っている一人という意味では、同じ穴のムジナです。人間は何かを見聞きすれば、自分なりの意見が自然と心に浮かんでしまいます。

 だからこそ、つまらないニュースはできるだけシャットアウトすべきなのですが、徹底するのはなかなか困難です。あまりに情報収集を制限すると、今度は必要なニュースまでわからなくなってしまいます。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)