「埼京線の先頭車両で触ってください」痴漢プレイ待ち合わせ掲示板の書き込みを追う

「埼京線の先頭車両で触ってください」痴漢プレイ待ち合わせ掲示板の書き込みを追う

「埼京線の先頭車両で触ってください」痴漢プレイ待ち合わせ掲示板の書き込みを追うの画像

 もしも自分に痴漢の疑いがかけられてしまったら……。相手の証言のみで有罪になる可能性が高いともいわれている。その場合、地位や名誉に信頼など、すべてを失い人生は一気に急降下。本当に触ったのかはさておき、線路に飛び降りてまで逃走する人がいるくらいだ。

 テレビのワイドショーでは「逃げるということは触ったと認めるようなものですね」などと、のんきなことを言う男性コメンテーターもなかにはいるが、捕まった時点で一巻の終わりということは、もはや周知の事実である。



 では、ネット上に存在する“痴漢プレイ待ち合せ掲示板”をご存知だろうか? 痴漢前線大混乱の日本において、お互い同意のうえで“痴漢プレイ”を楽しんでいる変態たちもいるのである。そう、本当に大混乱状態なのだ。

 今回は、“痴漢が多い”とされている埼京線で繰り広げられた、触りたい人と触られたい人の熾烈なバトルを追跡リポート!

◆痴漢プレイ待ち合わせ掲示板の書き込みを追う!

 私は普段、アングラなカルチャーをテーマに執筆しているライターだ。怪しげなサイトに惹かれてしまう習性がある。“痴漢プレイ待ち合せ掲示板”の存在は知っていたが、書き込み内容の真偽については半信半疑、都市伝説ぐらいの認識だった。

 しかし、ある日のことだ。JR新宿駅でスマホを開くと、1件の書き込みが目に飛び込んできた。

「女装です。埼京線快速大宮方面の先頭車両で、新宿から痴漢プレイしてくれる人募集です」

 いつもならばスルーしてしまうところだが、今回は“女装”。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)