数十秒で「小顔」になれる矯正法

数十秒で「小顔」になれる矯正法

目元は人さし指の第2関節を眉骨に沿って動かす。このとき中指を添えるとやりやすい

 小顔を目指す女性の間で知られているのが骨気(コルギ)。骨気とは骨に負荷をかけて血の巡りを良くしたり、矯正効果を得られたりする韓国発の民間療法だ。韓国に先駆け自宅でできるセルフ骨気を考案した日本における骨気の第一人者・林幸千代氏にメソッドを聞いた!

「骨気は頭皮や目元、顎など各パーツに有効ですが、わかりやすく効果を実感するのは頬でしょうね。慣れれば数十秒で終わりますよ」

 自分から見て左側の頬をやる際は、右手の親指を使用するという。

「親指の側面を鼻のラインに当て、指の腹が耳の方向を向いた状態でスタート。後頭部側へ押すように親指に力を入れ、ゆっくりともみあげまで動かします。このとき、皮膚でなく骨を押す感覚が重要です」

 骨気は“骨に骨をあてる”ことが肝。ここでは頬の骨に親指の骨をあてる感覚で行うのだ。

「もみあげまで移動したら、そのまま耳の後ろまで指を動かし、首筋に沿って流してください。痛気持ちいいと感じるくらいの力加減で1〜3をそれぞれ数回行えば完了です。乳液やクリームなどつければ滑りやすくなりますが、シャワー中に行っても問題ありません」

 いつもメガネをかけている記者が実践してみたところ、セルフ骨気直後からメガネがゆるゆるに! 林氏によると「あるある」らしい。

「即効性もありますが、人間は“元の状態に戻ろう”とする働きがあります。ただ、1週間程度続けてみると徐々に小顔効果が持続します。継続は力になりますよ」

【林幸千代氏】

日本骨気協会会長・小顔師。韓国骨気を日本人向けに改良した日本骨気第一人者。TVや雑誌の出演も多く、モデルや女優ら多くの顧客を担当。著書『骨気メソッド』は30万部超の大ヒット

― 最速で[脱ブサイク]する方法 ―

1

関連記事(外部サイト)