“負け組”独身男たちの吹き溜まり!? 足立区竹の塚の「色恋禁止な夜」に密着

“負け組”独身男たちの吹き溜まり!? 足立区竹の塚の「色恋禁止な夜」に密着

東口の目抜き通りに50軒近くのフィリピンパブが乱立。草加、葛西にも似たようなエリアはあるが、竹ノ塚は規模が違う!

 50歳の時点で一度も結婚をしていない「生涯未婚者」は上昇の一途をたどっている。直近2015年の国勢調査では、男性23.37%で5年前の調査と比べて3%以上増加している。15年後、この数字は30%超――つまり、男性の3人に1人が結婚しないまま一生を終えると予測されているのだ。そんな“負け組”要素をはらむ彼らの生態と主張を検証してみた。

「一仕事終えてこの店にくると、家に帰って来たみたいに温かい気持ちになれる。お店のホステスや常連客は家族以上の存在。みんな、誰かが死んだら葬式をあげようってところまで約束している。独身男の最後の楽園だよ、竹ノ塚は」

 そう語るのは自動車整備会社で働くS村さん(47歳)。この日、6杯目の緑茶ハイを豪快に飲み干した後、ヤニ下がった笑みを浮かべつつ、そう心境を吐露した。

 足立区竹ノ塚――東京23区の最北端に位置する同地区には、50軒ほどのフィリピンパブがひしめきあい、“リトルマニラ”と呼ばれている。S村さんに連れられた「J」というお店は1時間3000円で飲み放題。ランチタイムにはその半額で飲めるため、休日昼には居場所のない独身男たちがこぞって訪れるという。年齢層は30代後半から70代まで幅広い。

「とどのつまり、色恋じゃないんだよな、この歳になると。この店の常連でホステスをガチ口説きしようなんて輩はいないし、いい意味で連帯は守られてるよ」

 色恋禁止をことさら強調するだけあって、掟破りには厳しい。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)