“神様”ゴッチはどんなレスラーだったのか――フミ斎藤のプロレス読本#058【カール・ゴッチ編エピソード6】

“神様”ゴッチはどんなレスラーだったのか――フミ斎藤のプロレス読本#058【カール・ゴッチ編エピソード6】

『フミ斎藤のプロレス読本』#058は、カール・ゴッチが心を許した数少ない友人のひとりだったラリー“ボリス”マレンコさんのストーリー(写真はマレンコ・ファミリーのオフィシャル・パブリシティー・フォトより。左からジョー・マレンコ、ボリス・マレンコ、ディーン・マレンコ)

 199X年

 ジョー・マレンコの体つきは、カール・ゴッチのそれにそっくりだ。いつも胸をはって“気をつけ”の姿勢をしていて、お尻の面積が広くて、お腹はそんなに出ていないけれどウエストは太い。

 髪形だって、歩き方だって、そんなに似なくていいのにというくらいゴッチに似ている。ほんのちょっとまえまではそれほどでもなかったけれど、プロレスと自分のあいだの距離が広がっていくにつれて、ジョーはよりゴッチのイメージに近づいていった。

 アメリカではもうほとんどプロレスとはかかわっていない。弟のディーン・マレンコに頼まれてECWのライブにゲスト出場したことはあったが、最後にレスリングらしいレスリングをやったのはプロフェッショナル・レスリング藤原組のリングだった。

 ニュージャパン(新日本プロレス)で試合をしてみる気になったのは、子どものころからよく知っているボーイズと再会したかったからだ。それに、たまには兄弟でタッグを組んで試合をしたくなる。

 藤波辰爾は、ゴッチ教室時代のトレーニング・パートナー。フロリダ州タンパに住んでいたタイガー服部は、父親のラリーさん――プロフェッサー・ボリス・マレンコ――がツアーに出るたびにベビーシッターとして留守番に来てくれた。

 マレンコ兄弟にとって、ゴッチはレスリングの師匠であるまえに父親と仲よしの近所のおじさんにあたる。ジョーがゴッチの家に遊びにいくようになったのはまだハイスクールに通っていたころで、レスリングを習うようになったのはまったくのなりゆきだった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)