小池都知事に求められる「おもてなし」の見直しと夜遊び改革

小池都知事に求められる「おもてなし」の見直しと夜遊び改革

夜遊びの聖地とも言われる歌舞伎町だが、外国人観光客が立ち寄るのはドンキホーテとロボットレストランくらい!?

 先日の都議選、「都民ファーストの会」が主婦層の支持を受けて圧勝したわけだが、世の男性諸氏にとっては“夜遊び締め付け”の危機でもある。清廉潔白な“おもてなし”を前面に押し出した観光政策の行き着く先は、閑散とした味気ない夜の街か? 『夜遊びの経済学 世界が注目するナイトタイムエコノミー』(光文社)を上梓し、世界の夜遊び事情に精通する国際カジノ研究所所長・木曽崇氏に話を聞いた。

――最近、めっきり夜の街から人が消え、ワクワクしなくなったという声を聞きます。

木曽:世界の国際都市と比較した場合、東京には2つの欠陥があります。ひとつめは、ナイトスポットが飲み屋やキャバクラなど飲食業に偏っており、多様性が著しく低いこと。お酒を飲まない人は楽しめないし、日本語が前提なので外国人観光客にとっても敷居が高い。

 結局、深夜営業のドンキホーテで買い物するくらいしか選択肢がない。この点で、成功している観光都市には、ショーや市場など様々なナイトスポットがあり、言葉が通じなくても楽しめるものが多い。

 ふたつめの欠陥は、深夜交通です。多くの国際都市は、深夜バス網が整備されており、様々なナイトスポットを行き来できる。例えば、「ゴールデン街で飲んでから築地に移動してご飯を食べて」といった遊び方ができるわけです。観光客は寝る間を惜しんで楽しもうとするので、そのための“足”は必須。

 実は2代前の猪瀬知事が、この深夜バスに取り組みましたが、失敗してしまいました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)