カリスマAV男優・加藤鷹が中国、台湾で大スターになっていた「空港でサイン色紙持って出待ちされる」

カリスマAV男優・加藤鷹が中国、台湾で大スターになっていた「空港でサイン色紙持って出待ちされる」

加藤鷹氏

 AV業界で初めて「潮吹き」というジャンルを確立し、それまでメディアの脚光を浴びることがなかったAV男優をメジャーな存在に押し上げた元AV男優・加藤鷹。

 ゴッドフィンガーの持ち主として26年半に渡ってAVに出演、総出演本数は1万5千本を超える彼は間違いなく日本一の知名度を誇るAV男優だった。だが、2013年に惜しまれながら現役を引退。それから4年の月日が流れた現在――。

 彼はいま、日本のみならず中国・台湾にも活動拠点を広げ、現地で絶大な人気を集めていた。なぜ、加藤鷹は中国市場でウケているのか。そこには中国の情報規制と、性産業事情の文脈がもたらした、彼にオファーしたくなる土壌が整っていた。

 彼の「潮吹き」しか知らない多くの日本人のイメージを覆す、現在の加藤鷹の活動に迫る。

◆「空港に着いたら、サイン色紙持って出待ちされる」

――AV業界では、現役を引退した後は監督やプロダクションを経営する人も多いそうですが、引退後の鷹さんの身の振り方はまったく異なると聞きました。いま、台湾や中国で活動をされているそうですね。

鷹:俺がやめると言ったら本当にキレイさっぱりやめるってことだからね。今まで、復帰は一度も考えなかったし、今後もないよ。今は台湾や中国での広告の仕事のオファーが多くなってる。自分でもその影響力の強さには驚いています。台湾桃園国際空港に着いたら、カメラがズラッと並んで、サイン色紙持って出待ちされるからね。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)