“チェーン・デスマッチの鬼”ボリス・マレンコ――フミ斎藤のプロレス読本#059【カール・ゴッチ編エピソード7】

“チェーン・デスマッチの鬼”ボリス・マレンコ――フミ斎藤のプロレス読本#059【カール・ゴッチ編エピソード7】

『フミ斎藤のプロレス読本』#059は、カール・ゴッチさんの親友ラリー“ボリス”マレンコさんの闘病生活について。フロリダの大学病院でキモ・セラピーの集中治療を受けたラリーさんは、ニコニコ笑って道場に帰ってきた(写真はラリー・マレンコの死去を伝えるフロリダ州タンパの地元紙記事より)

 199X年

 ラリー“ボリス”マレンコは、カール・ゴッチが心を許す数少ない友人のひとりである。ジョーとディーンのマレンコ兄弟の父親で、フロリダ州タンパの名門“マレンコ道場”の創設者。日本のプロレス・マスコミが命名した現役時代のニックネームは“チェーン・デスマッチの鬼”。

 1936年、ニュージャージー州ニューアーク生まれといわれるが、そのプロフィルには不明の部分もある。本名はラリー・J・サイモン。ユダヤ系アメリカ人。1924年生まれのゴッチよりも12歳年下ということになる。

 プロレスラーとしてデビューしたのは1953年ごろとされ、ポスト第二次世界大戦の1950年代はクラッシャー・ドゥガン、オットー・フォン・クラップといったリングネームでナチス系ヒールを演じ、反コミュニズムの“赤狩り”から“冷戦”の時代にはプロフェッサー・ボリス・マレンコ、グレート・マレンコというロシア名を名乗るようになった。

 17歳でプロレスラーになったラリーさんは、アメリカじゅうを放浪したあと、フロリダに落ち着いた。長男ジョーと次男ディーンが第1次UWFのリングに上がったときに使ったジョー・ソルコフ、ディーン・ソルコフというロシア名は母方の旧姓だった。

 あまりちゃんとした教育を受けることができなかったラリーさんは、ふたりの息子たちを大学に行かせた。ジョーとディーンがあまりプロレスラーっぽくないのはそのせいかもしれない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)