清水富美加も現れて歌った! 「8.2 幸福の科学東京ドーム特別大講演会」緊急リポート

清水富美加も現れて歌った! 「8.2 幸福の科学東京ドーム特別大講演会」緊急リポート

東京ドーム前の電子掲示板

 8月2日、公称信者数1100万人という巨大教団「幸福の科学」が、東京ドームで大規模なイベントを開催した。

 ’95年7月10日に行われた御生誕祭以来、22年ぶりのドーム講演とあって、特に古参信者らのボルテージは高かった。プログラムは「人類の選択」という大川隆法総裁のありがたい“御法話”に加えて、今年5月に突然の引退出家騒動で世間を騒がせた2世信者の清水富美加(千眼美子)が歌唱で出演。さらに全世界3500か所に同時中継するという力の入れようだ。

 そもそも、大川氏率いる幸福の科学とはいかなる教団なのか。ドームリポートの前にその歴史をおさらいしておこう。

◆週刊誌VS新興宗教の仁義なき抗争

 ’86年、大川氏は総合商社トーメン(現・豊田通商)を退職し、東京都杉並区西荻窪で幸福の科学を設立。同年11月、東京の日暮里で行われた発足記念座談会に集まったのは87人だった。翌年、救世の法3部作と題された『太陽の法』『黄金の法』『永遠の法』が出版されると、共鳴した全国の読者が続々と入信。勢力を急拡大させた。

 ところが、’91年8月、写真週刊誌『フライデー』が「急膨張するバブル教団『幸福の科学』大川隆法の野望」という教団に批判的な記事を掲載する。これを不満に思った多くの信者らが、護国寺の講談社に押し掛けてデモや抗議をするという騒動に発展したのだ。

 当時のフライデーはビートたけしと軍団の襲撃に応戦した武闘派ぞろいの編集部。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)