地方都市のホストはかくも悲惨だった…逃走中の元ホストが語るリアルな裏話

地方都市のホストはかくも悲惨だった…逃走中の元ホストが語るリアルな裏話

地方都市のホストはかくも悲惨だった…逃走中の元ホストが語るリアルな裏話の画像

 関東のとある小さな歓楽街。この場所にあるホストクラブを飛んだ男性・荒巻さん(仮名・22歳)と会うことになった。指定された駅前に向かうと、キャンプ用の帽子を深くかぶり、脚を組みながらベンチに腰かける荒巻さんがいた。彼に会うのは2年ぶりだ。その間に色々あったという噂は聞いていたが、元気にしていただろうか。

「正直いまビクビクしています。見つかったらボコボコにされるので逃げてくださいね」

 なんでも彼が在籍していたホストクラブはこの集合場所から、歩いて数分の場所にあるらしい。彼が住むアパートもすぐ近くにあり、店を飛んでからというもの、この帽子は欠かさず身に着けているそうだ。

「お金がないので、安い店でいいですか?」

 案内されたのは串焼き1本120円、ビール1杯400円のチェーン店。ホストといえば、少し派手なイメージもあるが、すっかりその勢いは失っているようだ。

「実はですね、今年の春からあるビジネスを始めたのですが、わずか1か月で破綻したんですよ。事業を始める前に借りたカネとビジネスの失敗でできた借金の両方があって。ホラ、ちょうどあそこにもありました。エレベーターで上にあがるときは心臓バクバクでしたよ」

 そう言って彼が指をさしたのは消費者金融の看板。闇金ではないことにホッとしたが、自分と同年代の男性が大きな借金を抱えていることに衝撃を受けた。彼はビジネスの失敗で借金を背負い、その返済のためにホストクラブに入店した。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)