アイドル女優がドラマでホステス役をやる理由【コラム二スト木村和久】

アイドル女優がドラマでホステス役をやる理由【コラム二スト木村和久】

アイドル女優がドラマでホステス役をやる理由【コラム二スト木村和久】の画像

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その172 ―

 7月からスタートした夏ドラマでは、清純派女優の誉れが高い武井咲が銀座のクラブママ役に挑戦して、話題となっております。松本清張原作の人気小説「黒革の手帖」(テレ朝、木曜21時)のドラマ化で主人公の悪女・原口元子を演じています。黒革の手帖は、過去に何度もドラマ化されて、いわばクラブホステス&悪女役の登竜門的なドラマ。過去の女優たちと比較されがちです。そういう意味でも、これからの彼女の演技と踏ん張りが楽しみです。

 今回は、そんな話題から歴代アイドル女優のホステス役評とホステス役に何を求めるかを探っていきたいと思います。

 もともと、サスペンスものや2時間ドラマなどではお馴染のホステス役ですが、アイドル女優がそういうのをやり出したのは1999年の「お水の花道」あたりからです。財前直美が引退間近のホステス役で大当たりしましたが、案外ウケてたのは一色紗英の思わせぶりなホステス役でした。色気も気品も情緒不安定ぶりも見事に醸し出し、これぞ人気ホステスって感じでしたもの。

 その後は伊東美咲、石原さとみ、佐々木希と立て続けにあり得ない超美女がホステス役に挑戦。ホステス自体がなりたい職業のベスト10に入るという、社会現象にもなりました。

 例えば、地方の宮崎とか札幌とかに飲みに行くでしょ。そこで、可愛いキャバ嬢と喋って「キミは綺麗だから、六本木のキャバクラでも人気が出ると思うよ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)