「芥川賞が文学嫌いを増やしている」鴻上尚史が抱く複雑な気持ち

「芥川賞が文学嫌いを増やしている」鴻上尚史が抱く複雑な気持ち

「芥川賞が文学嫌いを増やしている」鴻上尚史が抱く複雑な気持ちの画像

― 週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

 第157回の芥川賞が決定されました。芥川賞のニュースを見ると、いつも、複雑な気持ちになります。それは、「おお。芥川賞が決まったのか。そういやあ、ずいぶん、小説を読んでないなあ。よし、ここはひとつ、話題作だから買って読んでみるか」という人が確実にいて、でも、「ずいぶん小説を読んでない人」とか「1年に1回だけ小説を読む人」にとって、「芥川賞受賞作」は最も不適切なものだからです。

 「芥川賞」は、小説の筋を重視しません。はっきりとした筋、面白い筋があるものは受賞できない、とまで断言する人もいます。

 確かに、歴代の作品を読むと、筋らしい筋、素人をワクワクドキドキさせる筋はありません。むしろ、筋に頼らず、どう面白くするかが、眼目のように感じます。

 でも、小説をあんまり読んだことのない人がまず、注目するのは「筋」。つまりはページターナーと英語で言われる魅力的なストーリーです。

 そこを外して、小説の魅力を楽しむというのは、じつは、かなり高度なことなのです。小説を読み慣れた人が楽しむ領域とも言えます。

 また、筋らしい筋がないまま、とても面白いというのは、かなりのハードルなのです。

 『コンビニ人間』(村田沙耶香/文藝春秋)は、その奇跡を実現した作品で、普段、文学をあまり読まない人にも楽しめると思いますが、多くの受賞作はハードルが高いのです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)