優柔不断が仇となる? 任侠界に噴出する「神戸山口組組長失望論」の深層

優柔不断が仇となる? 任侠界に噴出する「神戸山口組組長失望論」の深層

優柔不断が仇となる? 任侠界に噴出する「神戸山口組組長失望論」の深層の画像

 8月末で2年が経過しようとしている、山口組の分裂劇。ここにきて情勢は大きく変わりつつある。当初、勢いよく喧伝されていた神戸山口組だったが、トーンダウンぶりを象徴するかのような人事があった。神戸山口組の”金庫番”と目された池田孝志組長が舎弟頭を降りたのだ。

 この問題を取材し続ける実話誌記者が語る。

「舎弟頭とは、若頭・本部長と合わせて“三役”と呼ばれる重要なポスト。池田組長本人から神戸の執行部に対して『堅気になりたい』と申し入れがあったようです。神戸からすれば、今ここで降りられては士気に関わる大問題。すぐさま幹部が説得にあたり、最高顧問として組織に残ることになった。ただしその際、池田組長は“織田とは付き合いをする”と条件を付けたといいます。神戸を割って出た、任侠山口組代表の織田氏です。本来、絶縁者と関りを持つことはご法度ですが、池田組長と織田氏との間にはカネの問題がある。よって、神戸山口組も目をつぶらざるを得なかったそうです」

 そもそも、2年前に山口組が分裂する際、直前に開かれた“謀反組”の決起集会で怪気炎を上げたのが、井上邦雄・神戸山口組組長と織田絆誠代表だった。当時の状況について、六代目山口組の二次団体幹部・X氏が明かす。

「皆がいる前で井上組長の横に立った織田は『喧嘩はワシがします。オジさんたちはただついてきてくれたらエエです』と啖呵を切った。この大演説に後押しされ、『資金面は池田組がみるから、喧嘩は山健組で。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)