6000万円分が消えた!? 盗まれたビットコインの舞台ウラ

6000万円分が消えた!? 盗まれたビットコインの舞台ウラ

6000万円分が消えた!? 盗まれたビットコインの舞台ウラの画像

 取引増加で分裂騒動まで起きてしまうほど、今や新たな投資先として注目を集めるビットコイン。だが、黎明期だけにトラブルも絶えない。そんななか「知らぬ間に外部に送金され、口座のビットコインが消失した」と訴える事件が発生した。以下、被害と訴えるB氏の証言だ。

「私が管理していたビットフライヤーの口座から322ビットコイン(4400万円相当)が私の知らない間に外部へ送金されました。さらに現金で置いていた1771万円もビットコインに交換され、外部へ送金されたんです」

 B氏は、ある法人口座を管理していた。当時のビットコイン価格はおよそ13.7万円。時価換算するとおよそ4400万円。もしB氏の知らぬ間に外部に送金されるという盗難事件だとしたら、キャッシュからビットコインに交換され送金された分も含めると、約6000万円の被害総額である。

 B氏は小規模ながら一般投資家向けのビットコイン取引所を運営していた。一方のビットフライヤーはテレビCMも放映している国内最大手の取引所。B氏はカバー先(仕入れ先)の一つとして利用していたという。

◆二段階認証をかけていても安心できない!?

 実はビットコインなど暗号通貨の盗難事件は少なくない。ツイッターなどのSNS上では、あちこちで盗難被害者の悲鳴が聞こえる。しかし、そこで焦点となるのは「二段階認証」を設定していたかどうか、だ。

 二段階認証とはIDとパスワードに加え、その都度生成されるワンタイムパスワードを入力しないと口座にログインできない仕組みのこと。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)