元港区女子が結婚後、不倫に走るワケ――現役サラリーマンHIPHOPユニット「リーマンマイク」が語る

元港区女子が結婚後、不倫に走るワケ――現役サラリーマンHIPHOPユニット「リーマンマイク」が語る

ぎょうざくん

 過去、日刊SPA!に何度も登場し、最新の合コン事情を語ってくれた現役サラリーマンHIPHOPユニット「リーマンマイク」。

 2015年12月、モデルの今井華とコラボしてリリースされた「渋谷合コン歌〜すっごいよ一体感」は、You Tubeで220万回以上の再生数を誇り、今や若者の間でカラオケやクラブでの定番曲となっている。

 あれから1年半。今回、知名度も人気も増えた彼らのフォロワーたちに対するアンサーソングとも言える新曲を引っさげ、SPA!編集部の前に現れた。話を聞いたのは、同グループリーダーのぎょうざくんだ。

――リーマンマイクの代表曲「合コン歌」がヒットして以降、人気を実感することはありますか?

ぎょうざ:この1年ほどで、港区界隈ではカラオケでリーマンマイクを入れているサラリーマンをよく見かけるようになりました。僕はエゴサーチならぬ、デンモクの”履歴サーチ”を趣味としているのですが、最近はカラオケに行くとリーマンマイクが履歴に必ず入っていることに気づいたんですね。

――たしかに、取材班も赤坂見附のカラオケ館で、合コン二次会と思われるサラリーマンがドヤ顔でリーマンマイクを歌ってる姿に遭遇したことがあります。

ぎょうざ:本当にありがたい限りですが、僕が注目したいのはその曲目順です。よく観るのが、湘南乃風の「睡蓮花」が入ってリーマンマイク、そして谷村新司の「昴」。締めの一曲前にリーマンマイクを歌っている。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)