講師が不適切ワードを絶叫! 微妙な自己啓発セミナーに潜入してみた

講師が不適切ワードを絶叫! 微妙な自己啓発セミナーに潜入してみた

※写真はイメージです

「あなたも成功できる!」「引き寄せる」などの心地よい言葉が並ぶせいか、騙される人が一向に減る気配のない自己啓発セミナー。なぜ、人々はそこに引っかかり続けるのか? そこで起きた最新の“事件簿”を追った。

◆講師が突然、絶叫。「クサレマ◯コ」

 今回、SPA!記者が自己啓発セミナーに潜入取材した。赴いたのは、掃いて捨てるほどある「引き寄せコミュニケーション」セミナー。昼間の開催とあり、ヒーリングミュージックがかかった会場には主婦とみられる女性が9割。大雨にもかかわらず、赤ちゃん連れの姿も。記者の後ろで話している「水子と子宮のコンサルタント」を名乗る主婦は、他の参加者に「家を調べれば水子のできる家系は決まっている」などと講釈をしていた。“アメブロ起業主婦”界隈の恐怖をひしひしと感じる。見渡すと男性は2人のみであった。

 講師は「すべての出会いは偶然ではない」と言い、なんでも「その場で思いついたことを引き寄せで話す。話す内容は偶然降ってくる」などと言うが、あまりの話のつまらなさに耐えきれず強烈な眠気が……すると、いきなり講師が「このクサレマ◯コが!」と叫び、会場が静まり返った。

「心の奥に眠っていた本音をぶちまけることを大切に。すべての答えは自分の中にあるんです」とのことだが、ほとんど女性しかいない会場では不適切きわまりない。帰り際、先ほどの水子コンサルタントが嬉しそうに写真を講師と撮っていたが、なるほど「マ◯コ」に繋がるあたり、すべては偶然ではないと納得する記者であった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)