「このままでは私たち抱いてもらえなくなる!?」女性漫画家がアダルトVRに抱いた危機感

「このままでは私たち抱いてもらえなくなる!?」女性漫画家がアダルトVRに抱いた危機感

「このままでは私たち抱いてもらえなくなる!?」女性漫画家がアダルトVRに抱いた危機感の画像

 最先端の映像技術を駆使しながらエロを追求。世間でなにかと話題の“アダルトVR”だが、果たして一般女性はどう感じているのか……。

「このままでは私たち抱いてもらえなくなるのでは?」

 そう危機感を覚えたのは、『女ヒエラルキー底辺少女』の著者である女性漫画家の鈴木詩子。そこで今回は、実際にアダルトVRを体験レポートしてもらった。

◆女性の私がアダルトVRを体験してみようと決意した理由…

 そもそも女性の私がなぜ“アダルトVR”を体験してみようと思ったのか。そのきっかけは、TBSラジオ『山里亮太の不毛な議論』でした。ちなみに、私はこの番組のヘビーリスナーなのですが、ちょっと前から山里さんがアダルトVRにハマりはじめ、その素晴らしさを毎週のように熱弁されていたんです。その内容とは……。

 山里さんは「ある日突然、美人4姉妹と一緒に暮らすことになる」設定の作品を見たそうです……そのリアリティがもの凄く、ソファに寝そべったまま見ると、まるで本当に4人同時に襲い掛かられている感じがするそう。

 VR映像のなかで女のコがキスしてくると……その感触はどう考えても本物のキス。これはどういうことなのか。不思議に思いつつも夢中で舌を動かす山里さん。だが、ふと我に返ってゴーグルをはずしてみると、観葉植物を舐めていたという(笑)。

 私はそのエピソードが大好きで爆笑しながら聞いていたのですが……ちょ、待てよ……と“女の危機感”が発動。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)