通勤電車内や仕事中にAV鑑賞したらどうなるか?

通勤電車内や仕事中にAV鑑賞したらどうなるか?

周囲の乗客からチラリとMOVERIOに視線を向けられることはあっても、何度も見られることはなかった。まさかAV鑑賞中だとは誰も思わないだろう

 夏真っ盛りなこの季節。解放的な気持ちになって、アダルトな気分になる男性も多いのではないだろうか? インターネット上にアダルトコンテンツが溢れかえっている昨今、アダルトな気分を落ち着ける動画や画像を探すのに困ることはないだろう。だが、だからこそ「ありふれたアダルトコンテンツでは満足できなくなってしまった」という悩みの声をよく聞く。そんな悩みを解決できるかもしれないアイディアを、記者は思い浮かべていた。

 これまで、最新メガネ型ウェアラブルガジェット「MOVERIO BT-300」(以下、MOVERIO)を、「電車でのながら作業」や「仕事中の効率化」に利用する方法を実証してきた。その際にふとひらめいたアイディアが、MOVERIOのシースルー機能を利用することで、「電車に乗りながら、痴漢モノのAV」を見たり、「仕事をしながら、OLモノのAV」を見たりできるかもしれないというもの。ということで、MOVERIOのアダルトな使い方を実践してみた。

 早速、電車に乗って実践。もちろん、選んだ作品は痴漢モノだ。いつもはどうせ作りものだと冷めてしまうシチュエーションも、今回はリアルに感じられる。また、電車が揺れて隣の人の肩がぶつかりそうになる度に、AVを見ていることをバレていないか気になってしまう。当然バレようがないのだが、そのドキドキで興奮度が増す。電車でMOVERIOを使ってのAV視聴は想像よりもよかった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)