恥ずかしアイドル・本郷杏奈が挑戦した“下着系水着セクシー”の境地

恥ずかしアイドル・本郷杏奈が挑戦した“下着系水着セクシー”の境地

恥ずかしアイドル・本郷杏奈が挑戦した“下着系水着セクシー”の境地の画像

“日本一恥ずかしがり屋のアイドル”として、グラビア界で熱い注目を集める本郷杏奈。人気バラエティ『ゴッドタン』で遺憾なく恥ずかしがりキャラを発揮、その名を全国区に広めた感のある本郷だが、そんな彼女のデジタル写真集が発売された。発売を記念して、直撃インタビューを敢行した。

――今年、ここまでのブレークは予想していましたか?

本郷:全然していなかったです。元旦に今田耕司さんが『爆笑ヒットパレード』で取り上げてくださって、それを見ていた脚本家の方が『未来予想図』のPVにキャスティングしてくださり、舞台のお仕事も決まりました。グラビアだけでなく、お芝居のオファーもあって驚いています。ゴッドタンの出演も、インパクト大きかったですね。それまではグラビア好きな方だけが、私を知ってくださっているような状況だったのが、高校生とか若い方、女性にも認知されて。フォロワーも何千という単位で増えました。

――最近では『恥ずかしがりキャラ』がすっかり定着しました。グラビアの撮影もたくさんこなすようになったと思いますが、今でも恥ずかしい?

本郷:大人数に見られるのが得意ではないんですよね。それも水着ですよ。それは恥ずかしいですよ。デビュー前に顔見せで出版社を回ったんですけど、会議室で水着に着替えるように言われて。今思えば当たり前なんですけど当時はわからず、「人前で、なんで水着にならなくちゃいけないんですか!」ってマネージャーに怒りのLINEを送ってしまったこともありました(苦笑)。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)