「イマドキのBMWはストレート6より4気筒のほうが気持ちよくね?」激安中古BMW同好会の結論

「イマドキのBMWはストレート6より4気筒のほうが気持ちよくね?」激安中古BMW同好会の結論

「イマドキのBMWはストレート6より4気筒のほうが気持ちよくね?」激安中古BMW同好会の結論の画像

BMWといえばストレート6(直6エンジン)、ストレート6といえばBMWというのは今は昔。ダウンサイジングターボ化の波にさらされて、巷では4気筒ターボのBMWが主流に。クリーンディーゼル・ブームもあり、ストレート6の系譜に連なるBMWはもはや絶滅寸前。保守系カーマニアの担当Kとしては、そんなストレート6の行く末を案じずにはいられません。

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi

池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆激安中古BMW同好会がゆく!

 実質5万円の物々交換で、BMWの名車M3を手に入れた流し撮り職人こと池之平昌信。その後のカーライフはどうなのか?

 最新のBMWに試乗しながら、カーマニアの伝統である口(くち)プロレスをやってみた。

MJ:よお、M3オーナー! エリートなカーライフ送ってる?

職人:いや〜、クルマがあまりにも頂点すぎて、腫れ物に触る感じです。

MJ:実質5万円でも(笑)!

職人:値段は関係ないんですよ。なにしろBMWのストレート6を積んだ世界の名車ですから。

MJ:走行16万kmでもね。となると、今までみたいに年間4万kmも乗るのはもったいないでしょ?

職人:それが悩みの種で……。

MJ:トラブルは?

職人:運転席のドアが外から開かなくなったので、助手席から手を伸ばして、内側のドアノブで運転席のドアを開けてます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)