日本人が健康寿命を延ばすために改善すべき生活習慣

日本人が健康寿命を延ばすために改善すべき生活習慣

日本人が健康寿命を延ばすために改善すべき生活習慣の画像

◆日本人の遺伝子スイッチを健康に切り替えるためには

 医師の奥田昌子氏は「特定の病気になりやすい遺伝的要素を持っていても、生活習慣の修正によって遺伝子のスイッチが切り替わる現象(エピジェネティクス)があります。良い方向でこれを起こせるのが、日本人に合った健康法です」。

 対策は、伝統的生活習慣の良い点を取り入れながら、不適切な環境要因を減らすことだという。

「実際に、減塩と動物性タンパク質の摂取量増加により脳出血が大きく減りました。ピロリ菌と肝炎ウイルスを封じ込めるとともに禁煙が広がることで、胃がんと肝臓がん、肺がんの症例も減ってきています」

 具体的な禁止事項としては、「日本人の健康維持には伝統的な和食の食習慣がやはり最適で、がん予防にも有効。遺伝的に酒に弱く、特に日本人男性は内臓脂肪が非常につきやすいので唐揚げとビールなどという組み合わせはもってのほかでしょう。飲酒だけでも、長年続けるとがんになりやすい体質をつくります。日本人女性の乳房は乳がんになりやすいとされていますが、牛乳が乳がんの発症率を高めるという研究結果もあるので、乳製品には注意が必要」と話す。

 また日本人の健康寿命は短く、介護期間は平均9〜12年。化学者の寺尾啓二氏は、健康寿命を延ばすために必須の成分を3つ挙げる。

「ミトコンドリアの中で糖質や脂質をエネルギーとして燃焼させる成分として、ビタミンB群のほかコエンザイムQ10とL・カルニチン、R・αリポ酸があります。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)