ケント・ギルバート氏や百田尚樹氏などの嫌韓中「ヘイト本」が異例のヒット

記事まとめ

  • 韓国や中国への露骨な嫌悪感をベースとした"ヘイト本"が隆盛の兆しを見せているという
  • ケント・ギルバート氏や、百田尚樹氏の『今こそ、韓国に謝ろう』などが人気なのだそう
  • 購買層は40代以上の中高年男性で、出版業界ではこうしたヘイト本を問題視する声も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております