コミュニケーション下手でも楽しめる、謎のイベント「深夜徘徊合コン」に密着してみた

コミュニケーション下手でも楽しめる、謎のイベント「深夜徘徊合コン」に密着してみた

午前3時過ぎ頃、築地市場周辺を歩く参加者たち。このようなイベントでなければ、深夜の築地に足を運ぶこともないだろう

 9月2日(土)の深夜。都内某所に若き男女が集っていた。「“深夜徘徊合コン vol.2:深夏会歩”」。“合コン”と銘打たれてはいるが、ノンアルコールのうえに、運営側が「頑張らなくても大丈夫です」と明言するという、一般的な合コンのイメージをくつがえすちょっと変わった趣旨のイベントである。

 とはいえ、一体なにがおもしろいのか。すべてが“謎”と言わざるをえない。主催者にはどのような意図があり、参加者たちは、なぜこのイベントに参加したのだろうか。今回は密着取材してみた。

◆ノンアルコールなうえに深夜歩くだけの合コン

 午前0時、虎ノ門・金刀比羅神社にて開会式が行われ、イベントはスタートした。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1394679

 開会式では、参加者全員に今回歩くルートの描かれた地図と秘密の封筒が配られたほか、道中の空腹を満たすためのおやつ、虫よけリングまで配布された。また、女性にはこれらに加え、指名チケットというアイテムが手渡される。

「指名チケットは、各休憩地点で気になる男性を2名指名して、次の休憩地点まで一緒に歩くことができます」(主催者)

 このチケットは、男性を2名指名しなくてはならないという条件だが、これはイベント終了までフリーになってしまい、イベントを満足に楽しむことができない参加者を減らすための主催側の配慮である。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)