現実の契約結婚は「逃げ恥」のようにはいかない… “非婚出産”への道のり

現実の契約結婚は「逃げ恥」のようにはいかない… “非婚出産”への道のり

写真:井口 翔平

 2016年に話題を集めた社会派恋愛ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。このドラマのテーマは「契約結婚」だった。

 『逃げ恥』を知らない人に向けて内容を簡単に説明しよう。主人公の森山みくり(新垣結衣)と津崎平匡(星野源)は夫婦ではあるものの、恋愛感情はない。結婚はしているものの、お互いのメリットを考えて従業員と雇用主という関係。だが、いっしょに過ごす時間が経つにつれ、次第に愛情が芽生えて行き、最後には心も結ばれてハッピーエンド! というストーリー。

 しかし、実際に契約結婚をした場合はどうなるのだろうか。周囲の反応、パートナーとの関係性、そして出産……気になることはたくさんある。じつは、テレビの作り話だけではなく、現実世界においても契約結婚を実践した人がいるのだ。

 今回は、「家族と性愛」を専門に執筆するフリーライター・佐々木ののかさんが主催した「わたし、産みたい!」展の1企画として行われたトークショー「恋愛結婚の解体、制度の外側に家族をつくること」の様子をお届けしたい。登壇者には、契約結婚を実践した経験がある櫨畑(はじはた)敦子さん、2014年から恋愛結婚と現行の婚姻届との関係性を探りながら、既存の結婚観を乗り越えるための作品を制作している美術家の黒木結さん。

 登壇者の櫨畑さんは、出産したいと強く思っていたが、現行の「結婚=子育て」という社会のルールに違和感を抱き、子育てを中心とした集団コミュニティーでの契約結婚に踏み切ったという。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)