「東大男は女に対する免疫力が低い」現役女子大生が実体験を告白

「東大男は女に対する免疫力が低い」現役女子大生が実体験を告白

「東大男は女に対する免疫力が低い」現役女子大生が実体験を告白の画像

 魔性の女、小悪魔、クラッシャーから、ハニートラップ、毒婦まで。昔から「男を狂わせる女」はさまざまな名前で呼ばれてきた。危険な薫りのする女だとわかってはいても、男がついハマってしまう「狂わせガール」たち。渋谷直角氏のコミック『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』の映画も公開され話題になっている、’17年現在の狂わせガールが実体験を告白――

◆やはり東大は女に対する免疫力が著しく低いんですよ

 雑魚も含めていろんなタイプの男と一夜を共にしたいとコンプ欲を満たすポケモン型・狂わせるガールについて「まさに私です」と話すのは、ツイッターで高学歴男子との肉体関係遍歴を投稿し話題を呼ぶ“暇な女子大生”氏。ポケモン型女子に狂う男の特徴とは?

「幼少期からずっと勉強ばかりしてきた東大生は、やはり明らかに女子に対する免疫力が低い。特に理系は入学後もクラスの女子率が低いから、こっちは単純にHをしたいだけとわかっていても本気になる人も(笑)。理系トップの東京工業大学も同じ傾向です」

 司法試験・国T目指して勉強漬けの東大法学部も、狂いやすい。

「ストレートに『ホテル行かない?』って言えばいいのに、遠回しに誘ってきたり。この前なんて『アイドルの写真集をウチに見にこない?』って。それで断ったら次の日から、連絡がひっきりなしに来るように……狂うっていうよりもほとんど自滅ですよね(笑)」

★狂わせガールの金言

東大男は狂うというよりほとんど自滅

<暇な女子大生氏が選ぶ男が狂いやすい大学>

1 東京大学文T

2 東京工業大学

3 東京大学理V

【暇な女子大生氏】

現役女子大生。高学歴エリートとの肉体関係を記したツイッターが話題。@bored_jd

― 新型[狂わせガール]の肖像 ―

1

関連記事(外部サイト)