キーワードは“リスペクト”グラジとボウダーの友情――フミ斎藤のプロレス読本#094【Tokyoガイジン編エピソード04】

キーワードは“リスペクト”グラジとボウダーの友情――フミ斎藤のプロレス読本#094【Tokyoガイジン編エピソード04】

『フミ斎藤のプロレス読本』#094 TOKYOガイジン編wピソード4は、FMWのリングを選択したザ・グラジエーターとホーレス・ボウダーの友情ストーリー(PhotoCredit: Bill Otten)

 199X年

 ザ・グラジエーターとホーレス・ボウダーはイトコ同士である。グラジのお父さんとボウダーのお母さんが兄妹だから、ふたりはファースト・カズンだ。

 ボウダーの親父さんのほうはハルク・ホーガンのじつの兄で、ボウダーからみればホーガンは叔父さん、ホーガンからみればボウダーは甥っ子ということになる。

 アメリカでいちばんビッグなスーパースターである叔父のそばでちいさくなっているのと、同い年くらいのイトコとわーわーやっているのとではどちらがいいかといえば、それはイトコといっしょにいたほうが楽しいに決まってる。ボウダーは、いつもはるか遠くからホーガンを眺めている。

 ボウダーがプロレスをやろうと思ったのは偉大なる叔父のようになりたかったからというわけではない。グラジとボウダーは、10代の終わりごろからふたりでいっしょにプロレスラーになる計画を練っていた。

 ホーガンは「やれ」」とも「やるな」ともいわなかったけれど、ボウダーは叔父が自分の素質をそれほど高く評価していないことをはじめから知っていた。イトコのグラジは、ぐずぐずしているボウダーを置いてきぼりにしてさっさとレスラーになった。

 グラジとボウダーは、プロレスラーがプロレスラーらしい生活をすることができないアメリカのレスリング・ビジネスの現実にちょっぴり失望した。あんなに広いアメリカ合衆国にちゃんとした就職先がたった“2社”しかない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)