山尾議員に見る芸能人よりも許されない政治家不倫の理由【コラムニスト木村和久】

山尾議員に見る芸能人よりも許されない政治家不倫の理由【コラムニスト木村和久】

山尾議員に見る芸能人よりも許されない政治家不倫の理由【コラムニスト木村和久】の画像

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その179 ―

 最近、不倫の話を書きすぎて、飽きているのですが、また性懲りもなくネタが出てくるから困ったものです。何ゆえ不倫騒動はなくならないか、その根源的問題も含めて、検討してみたいと思います。

 民進党を離党した山尾志桜里元政調会長のダブル不倫騒動ですが、これはタレントの不倫よりも、非難されるべきだと思います。なかにはあれだけ有能な議員だから反省した上で第一線で活躍して欲しいという意見もあり、どうやら次期衆議選に無所属で立候補する意向を示しているようですが、ダメなものはダメでしょう。

 何故ダメかというと、アメリカ合衆国大統領すら不倫スキャンダルになったことがあるからです。42代米国大統領のビル・クリントンは実習生のモニカ・ルインスキーさんと不適切な関係となり、訴えられて窮地に立たされました。最終的には弾劾裁判までかけられ、オーラルセックスをして葉巻を不適切に使ったという証拠を出されています。弾劾はされませんでしたけど、ほぼ死に体になりました。

 アメリカもジョン・F・ケネディ大統領の頃はまだ大らかでマリリン・モンローをホワイトハウスに呼んで、楽しいことをしていたらしいじゃないですか。

 クリントン時代でダメなら、もっとモラルを求められている現代はなおさらいけないと思います。これは芸能界にも言えることで、昭和の大スター時代は芸能人、映画スター礼賛の雑誌しかなかったから、何をしても話題になりませんでした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)