「死ぬまでに有名になりたい」遅咲きグラドル・茜結の心情――声優、歌手、お笑い、女優…迷走の果てに

「死ぬまでに有名になりたい」遅咲きグラドル・茜結の心情――声優、歌手、お笑い、女優…迷走の果てに

茜結さん

「有名になりたい……とにかく有名になりたいです。目標は、私という人間をほとんどの人が知っている状態になること。あとはテレビに出たいです。芸能の仕事を死ぬ間際までやりたい」

 そう語るのは、フリーランスで芸能活動をする茜結さん(年齢非公開)だ。おっとりとした口調ながら、強烈な上昇志向が見え隠れする彼女。現在はグラビアを中心に仕事をしており、昨年にはミスフラッシュ2017のファイナリストに選出。今年に入ってからも雑誌「BITTER」のグラビアオーディションで優勝して掲載を勝ち取り、さらに9月末には念願のファーストDVDが発売するなど、地道に活動の場を広げていっている。

「グラビアの仕事はミスフラッシュのオーディションが初めてだったんですよ。どうせ受からないだろうと思って書類を出したら通って、慌ててドンキで水着を買って公開オーディション、カメラテストに臨みました。そこでの経験がかなり自信につながりましたね」

 ……と、ここまでは普通の駆け出しグラドルの華々しい第一歩かと思いがちだが、実際の彼女が歩んできた道は駆け出しどころではない。その経歴はまさに、紆余曲折である。

 大阪出身の彼女が最初に志した道は、実は声優だった。そこで、高校卒業後に声優学校に2年間通ったが、「もっと自分自身を表現したい」という思いから、在学中から劇団員としての活動を始める。

「けど、劇団員をやりつつも『このままずっと続けて、将来どうしたらいいんだろう?』と思うようになって、今度は歌に挑戦してみたいと、音楽学校に通うことにしました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)