グラジは世界ブラスナックル王者――フミ斎藤のプロレス読本#096【Tokyoガイジン編エピソード06】

グラジは世界ブラスナックル王者――フミ斎藤のプロレス読本#096【Tokyoガイジン編エピソード06】

『フミ斎藤のプロレス読本』#096TOKYOガイジン編エピソード6は、FMW世界ブラスナックル王座のチャンピオンベルトをみんなに見せびらかしたくてしようがないザ・グラジエーターのおはなし(Photo Credit:Bill Otten)

 199X年

 “ザ・グラジエーター”は完ぺきなジャパングリッシュ(和製英語)である。カタカナのつづりがはじめからザ・グラディエィターだったとしたら、もうちょっと英語の発音に近いリングネームになっていたかもしれない。

 アイロンと鉄の爪アイアンクローの“アイアン”。ミシンと“マシン”。ラムネと“レモネード”。ワイシャツと“ホワイト・シャツ”。ちゃんとカタカナの日本語になっている単語はそのままにしておいたほうが耳にやさしい。グラジエーターというカタカナ表記もだんだんとそういう心地よい響きになってきた。

 マイク・アルフォンソとグラジエーターの付き合いはもう8年になる。日本にいるあいだは、どこへ行ってもグラジで通ってしまう。

 相棒ホーレス・ボウダーとスーパー・レザーの本名もマイクだから、移動用のバスのなかで金村キンタローが「ねえ、マイク」と後ろから声をかけたりすると、3人が同時に「なんだいWhat’s Up?」といってふり返る。やっぱり、レスラーはレスラーらしい愛称で呼ぶのがいい。

 グラジは、グラジエーターとGladiator(剣闘士)が同じ単語だったということをずっと気づかずにいた。あんまりみんながグラジ、グラジと発音するので、てっきりそういう日本語の単語があるものだとばかり思い込んでいた。

 グラジはある時期からかなり本気でジャパニーズを勉強するようになった。“W★ING同盟”のメンバーと行動をともにしていたころはたったひとりで日本人グループのなかに混じっていたから、いやでも日常会話が身についた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)