“世界のキタノ”が明かす人気シリーズ完結の裏話「ほとぼりが冷めたら『アウトレイジ リボーン』とかいって復活させようかな(笑)」

“世界のキタノ”が明かす人気シリーズ完結の裏話「ほとぼりが冷めたら『アウトレイジ リボーン』とかいって復活させようかな(笑)」

“世界のキタノ”が明かす人気シリーズ完結の裏話「ほとぼりが冷めたら『アウトレイジ リボーン』とかいって復活させようかな(笑)」の画像

 テレビや映画で長らく縦横無尽に活躍を続け、エンタメ界のど真ん中に鎮座する“世界のキタノ”もついに70歳。そんななか、第18作となる最新作『アウトレイジ 最終章』が10月7日から公開される。人気シリーズの完結編を作ることになった“ある事情”とは?

――人気シリーズの「アウトレイジ」を、今回『最終章』と銘打って完結させたのはなぜですか?

北野:世界的にテロや暴力が蔓延して、エンターテインメントとはいえバイオレンスは肩身が狭くなってきたなと思って。ネタは尽きないし、大友さえいれば続けられるんだけど。

――違うストーリー案もあったということですか?

北野:大友が山王会の会長になったっていいし、香港に行ってイギリスが出てきて国際的な抗争になるって展開も考えたんだけど、ダラダラ続けても俺が死んじゃうからさ。

――そんなことないですよ(笑)。まだまだ観たいです。

北野:まぁ、また違う分野の映画を撮って、ほとぼりが冷めたら『アウトレイジ リボーン』とかいって復活させようかなって(笑)。

――『最終章』では、日本の花菱会に裏切りや騙し合いが渦巻いているのに対して、昔気質の仁義を通す大友が身を寄せたのが韓国の張グループだったというのが印象的でした。

北野:大友は、山王会でも浮いちゃって騙されたりするんだけど、在日の張グループが一番義理人情を重んじていて大友を裏切らない。日本好きの外国人のほうが、日本人より日本の作法に詳しくて大事にしている感じに似てるんだよね。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)