松井大輔は2部に移籍! ポーランドリーグに見る1部から5部までの格差

松井大輔は2部に移籍! ポーランドリーグに見る1部から5部までの格差

両チームともに攻撃的なスタイルが印象的だった

 今シーズンより、元日本代表の松井大輔がポーランド2部リーグの「オドラ・オポーレ」へ移籍したことは、サッカーファンの間でも話題になった。松井は以前もポーランド1部の「レヒア・グダニスク」に所属していたが、馴染みがないという人がほとんどだろう。しかし、昨年のUEFAチャンピオンズ・リーグには名門「レギア・ワルシャワ」が20年ぶりに本選出場、代表チームは現在FIFAランキング世界6位と、実はなかなかの強豪国なのである。

◆地元ニュースは松井を「スターが復帰」と紹介

 香川真司の元同僚で、現在はバイエルン・ミュンヘンでプレーするロベルト・レヴァンドフスキなど、世界的ビッグネームも生まれているポーランド。現在、1部リーグには日本人選手はいないが、2部には松井を含め、3人の日本人選手がプレーしている。‘14年の『デイリーメール』紙の発表によれば、ポーランドリーグの平均年俸は約2000万円。同調査によればJ1は約2300万円なので、日本よりはやや給料は低めだ。

 多くの日本人選手がプレーしているわけではないが、それだけに与える印象は強いのかもしれない。今回の移籍でも地元のニュースサイト「trojmiasto.pl」は「レヒアの元スターが日本からポーランドに復帰」と好意的に取り上げている。「オドラ・オポーレ」のクラブ公式サイトによれば、スタジアムの座席数は3300。J2のスタジアム基準が1万席以上であることを考えると、かなりコンパクトだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)