事故のリスクはかえって下がる? 高速道路の最高速度が試験的に時速110kmへ引き上げ

事故のリスクはかえって下がる? 高速道路の最高速度が試験的に時速110kmへ引き上げ

新東名高速道路

 9月28日、警察庁は、新東名高速道路の新静岡IC−森掛川IC間の上下線約50kmについて、11月1日から試験的に最高速度を時速110kmへ引き上げると発表した。加えて年度内にも、東北道の花巻南IC−盛岡南IC間(30km)も同様とする方針だ。1963年の名神高速道路一部開通から半世紀を経て、最高速度の引き上げが初めて実現されることになる。

 日本の高速道路の「最高速度時速100km」は、海外に比べると明らかに低かった。先進諸国を見ると、アメリカは州によって違うが65マイル(時速105km)が中心。オーストラリアは時速110km、イギリスは70マイル(時速112km)、フランス・イタリア等は時速130km。ドイツ・アウトバーンは約6割が速度無制限、4割は場所に応じて制限速度がある(時速130kmが中心)。

 韓国と中国も、最高速度は時速120kmだ。どちらも当初は時速100kmだったが、数年前に引き上げられている。中韓よりはるかに先にモータリゼーションが進み、高速道路の建設も早かった日本が、いつのまにか抜かれてしまっていた。

 警察庁は、今回の試行を最低1年間続け、実際の走行スピードの変化や交通事故の発生状況についてデータを収集。その検証結果を踏まえ、時速120kmへの引き上げや、全国の高規格の高速道での引き上げについて検討する、としている。

 最高速度の引き上げについて、リスクの増大を懸念する声もある。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)