“極厚”コンドームで愛は深まるのか? そしてオカモト株式会社の株価は上がるのか?

“極厚”コンドームで愛は深まるのか? そしてオカモト株式会社の株価は上がるのか?

“極厚”コンドームで愛は深まるのか? そしてオカモト株式会社の株価は上がるのか?の画像

まともな就職経験なし。おまけに数字オンチのシングルマザーが、株式投資を始めて7年間、年間損益負けなし。著書「月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法」も好評な藤川里絵氏が、日々四季報を眺めながら感じたことをつづる投資連載

 とある日曜日、2017年夏号の四季報をペラペラめくっていたわたしの指がふと止まりました。5122 オカモト。もちろんオカモトのことは知っている。若かりし頃はお世話になったものです。そのオカモトの記事欄に「3月、極厚型コンドーム投入」という一文。極厚?? え? 極厚?? 思わず二度見しましたが、なんど見ても極厚です。わたしの遠い記憶では、コンドームというのは、愛するふたりの間を邪魔する憎いやつ。その存在感は薄ければ薄いほどよしとされているのではなかったか? わたしの中の常識が音を立てて崩れていきます。

 極厚とは、いったいどれほど極厚なのか? 極厚と聞くと、なぜかお正月に実家で出てくるお歳暮のハムを思い浮かべてしまうが、あの厚さ(1センチほど)のコンドームだと、いろいろ行為に支障がありそうです。

「極厚型コンドームってだれ得なの?」

 思ったことはついツイートしてしまうツイ廃なわたし。

 意外なことに、それに対して複数の人からリプライが飛んできました。

「長引かせたい人のため用ですよ」

 おーーーーー!

 すっかり抜け落ちてたその感覚。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)