食中毒になる前に「泣いて定食屋を切る」オヤジの決断【コラムニスト木村和久】

食中毒になる前に「泣いて定食屋を切る」オヤジの決断【コラムニスト木村和久】

食中毒になる前に「泣いて定食屋を切る」オヤジの決断【コラムニスト木村和久】の画像

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その182 ―

 ポテトサラダによる食中毒騒動は、提供したチェーン店が全店閉鎖に追い込まれました。結局、感染ルートが見つからず、客足が遠のく一方。これでは営業できないと判断した模様です。

 このように食の安全に関する問題は他人事ではありません。以前、かき揚げ入りのうどんを食べて、プチ食中毒になり、自ら出入り禁止にした店がありましたが、今度は某定食チェーンで問題が起こりました。

 それは今年の春から何回も店に注意を促しているのですが、一向に改善されてないことです。

 何が気になっているかというと、某定食チェーンの湯呑茶碗の内側にこびりついている茶渋です。半年前、その定食チェーンで食事をし、セルフサービスのお茶をポットから入れようとしたら、湯呑茶碗の内側がどっぷりと茶渋に覆われて面食らいました。当初は事務的に内側が白くて綺麗なやつと、取り代えていました。

 ですが、別の日に行くと、また茶渋がついている。湯呑茶碗を代えようと別の湯呑茶碗を選んだら、それも茶色だった。次々に選ぶがことごとく汚い。「ちょっと、これはないんじゃないの」と従業員を呼んだら、すぐに綺麗な湯呑茶碗を持って来て、その日は収まりました。

 しかし、たまに行くとまた湯呑茶碗の内側が依然として茶色い。これはほうじ茶だから、仕方ないかもしれませんが、でも白地に茶色い汚れだと、凄く目立ちます。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)