年収340万円⇒0円になった46歳・男の転落人生――高収入につられ転職するも「今日で辞めて」と一転無職へ

年収340万円⇒0円になった46歳・男の転落人生――高収入につられ転職するも「今日で辞めて」と一転無職へ

※写真はイメージです

人生の折り返し地点である40代。サラリーマンの7割が万年ヒラ社員で終わると言われている昨今、会社員として伸び悩む者が大半のなか、40代で人生を好転させる者もいる。同じ40代ながら、両者を分け隔てるものとはいったい何なのか。ここではある失敗例を紹介する。

◆収入アップの甘言につられたやすく転職するも……

…赤田康祐さん(仮名・46歳)/無職/年収340万円→0円

「ネット広告などの制作会社に勤めていたんですが、拘束時間が長いわりに月給は27万円程度。とにかくもっと給料がもらえる会社に転職しようと考えたんです」

 そうキャリアアップを図った赤田康祐さんだが、現在は無職の身。いったい何が起きたのだろうか?

「転職活動を始めてすぐに、広告代理店の最終面接までたどりつきました。提示額は45万円。『もうココしかない!』と思いましたね」

 無事に内定を得て、前職場には退職する旨を伝えた。だがその後、ネット上で衝撃の事実を知る。

「入社する会社をネットで検索したところ、『ブラック』『ワンマン』といった言葉がズラリと出てきたんです。そのほとんどは『気に入らない社員をすぐに切る』『妻を経理に雇って会社のカネを懐に入れている』など、社長に対する悪評です。でも、もう引き下がるわけにはいかない。あれだけ面接で評価してくれたんだから大丈夫だろう、と自分に言い聞かせました」

 そうして入社するも、安穏とした日々は1か月も続かなかった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)