X JAPANが世界に認めさせたメイド・イン・ジャパンの音楽文化“ヴィジュアル系”とアニソンの深〜い歴史【山野車輪】

X JAPANが世界に認めさせたメイド・イン・ジャパンの音楽文化“ヴィジュアル系”とアニソンの深〜い歴史【山野車輪】

英国のトップ40ロックアルバムチャートで初登場1位を獲得した映画『WE ARE X』のサントラ。

◆世界が認めたX JAPANと“VISUAL-KEI”

 2016年、映画『WE ARE X』が公開され、国内外で話題を呼んだことは記憶に新しい。同作はサンダンス映画祭で特別編集審査員特別賞を受賞し、さらに、『WE ARE X オリジナル・サウンドトラック』は、英国のトップ40ロックアルバムチャートで初登場1位を獲得するなど、世界のチャートを賑わせた。

 また、1999年にメジャー・デビューしたDIR EN GREYも世界で活躍しており、アルバム『UROBOROS』(2008年)は、米ビルボード誌のTop Heatseekersチャートで1位を、Top Independent Albumsチャートで9位を記録している。

 近年は、アニメやマンガなどのオタク・カルチャーだけでなく、日本のロック・ミュージックも海外で評価されており、“V系(ヴィジュアル系)”は、“VISUAL-KEI”として認知されている。

 アニメのテーマ曲、アニソンとジャパメタとの関係性については、これまで述べてきた通りだが、V系もまた、アニソンと深い関係があった。

◆音楽のジャンルではない“V系(ヴィジュアル系)”というカテゴリー

 V系という呼称のルーツは、X JAPANのキャッチコピー“PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK”の「VISUAL」から持ってきたという説ほか複数存在しており、定かではない。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)