日常からアイディアを生み出す発想術「すべてのことはメッセージ」【魂が燃えるビジネス】

日常からアイディアを生み出す発想術「すべてのことはメッセージ」【魂が燃えるビジネス】

日常からアイディアを生み出す発想術「すべてのことはメッセージ」【魂が燃えるビジネス】の画像

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第19回

 この世にアイディアを必要としない人間はいません。発想や閃きというと実業家や科学者など縁遠いイメージになってしまいますが、部下や上司に「なんて言おう?」あるいは抱えているプロジェクトや問題に「どうしよう?」と頭を悩ませることは珍しくありません。それがアイディアを必要としている状態です。

 しかし、そんなピンチを一瞬で救ってくれる魔法はなかなかありません。世の中には「こうすればアイディアが閃きます。創造的に生きられます」というノウハウがたくさんありますが、それを実行した次の日から「本当だ。どんどん発想が湧いてくるぞ!」と実感できるケースはごく少数でしょう。

 とはいえ、これは発想法がダメなわけでも、提唱者がウソをついているわけでもありません。問題は受け手である私たちにあります。書籍やセミナーを通してノウハウを受け取ろうとすると、つい「答え」を求めてしまうのです。

 大切なのは「答え」ではなく「問いかけ」です。ある問題に関して「どうすればいいのか?」を問い続けることで、私たちは世の中や身の回りの出来事を答えに変えられるようになります。

 たとえばここ数年「Uber」というアプリが注目を浴びています。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)