STING=激痛――フミ斎藤のプロレス読本#107【特別編】STINGスティング

STING=激痛――フミ斎藤のプロレス読本#107【特別編】STINGスティング

『フミ斎藤のプロレス読本』#107【特別編】は「STING=激痛」。1989年、待望の初来日(全日本プロレス)を果たしたときのインタビュー記事から再録(PhotoCourtesy:Fumi Saito)

 1989年

 約束の時間より10分も早く、スティングは待ち合わせ場所の喫茶店にやって来た。

 襟とそでの部分を無造作にハサミで切りこんだグレーのスウェットシャツ――胸には“ゴールド・ジム”のロゴがプリントされている――の下にピンク色のタンクトップを着て、ホテルのなかだというのに真っ黒なサングラスをかけている。

 これがLAスタイルというものなのだろうか。ボディービル雑誌の広告ページからそのまま飛び出してきたような格好だけれど、ロサンゼルスのなかのある一部エリアでは、ハサミで切り刻んだTシャツの切れめから鍛え上げた筋肉をちらつかせながら街を歩く若い男性の姿をそこらじゅうでみかける。

 1970年代の終わりにちょっとだけヒットした映画『カリフォルニア・ドリーミング』のなかで、身体が貧弱で肌の白いシカゴ生まれの主人公がビーチで仲間はずれにされてしまうというシーンがあったが、フィットネス文化の発信地LAでは、こんがり日焼けした筋肉美でないと海岸を歩いてはいけないという暗黙のルールさえあるらしい――。

 スティングの本名はスティーブ・ボーデン。つい4年まえまではLA郊外ノースリッジにあるゴールド・ジムでインストラクターとして働きながら、ほとんど1年じゅうベニス・ビーチで日光浴ばかりしていた。

「生まれも育ちもベニス・ビーチ。高校はベニス・ハイスクール。生まれてからいちどだって海のそばから離れようと思ったことはなかった。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)