実は“違法”な全米のマリファナ【アメリカのリアルな大麻事情】

実は“違法”な全米のマリファナ【アメリカのリアルな大麻事情】

乾燥大麻

来年1月よりカリフォルニアで本格的に解禁されるマリファナ。日本では今でも厳しく規制されているが、全米各州で合法化が相次いでいる。だが、そこには超大国が抱える“社会的断層”が隠されていた。在米ライターが迫る!

◆カリフォルニアの合法化決定で全米のトレンドは大麻解禁へ

「まったく! マリファナのせいで老後計画がめちゃくちゃよ」

 サンタモニカの友人を久々に訪ねると、彼女はこう言ってため息をついた。14年前に資産形成の目的で郊外に購入した宅地が、この1年ですっぽりとマリファナ農場に囲まれてしまったという。見える景色は、大麻、大麻、大麻。値上がり後に売却する算段だったのに、「あんな宅地、買う人なんていないわ!」。

 あちゃー、逆ビンゴ……。

 確かにこの頃、地元紙は毎日のように大麻ビジネスを報道している。私は、’01年にロサンゼルスに移住したのだけれど、こんなマリファナ騒ぎは初めてだ。でも、近しい人に影響が及ぶほどのこととは思っていなかった。

 いったい、アメリカのマリファナはどこに向かおうとしているのか? それを探るべく、現地の様子をリポートしたい――。

 昨年11月の住民投票で、ロサンゼルスを含むカリフォルニア州は“嗜好用大麻”の合法化を選択した。マリファナが、実質的に解禁されるのは来年元日。解禁を目前に、今、当地では大麻ビジネスが水面下でうねり、蠢いている。

 同州は、’96年、全米に先駆けて“医療用大麻”を合法化した。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)