仏像の中に歯や髪の毛!? CTスキャンでわかった運慶仏の内部

仏像の中に歯や髪の毛!? CTスキャンでわかった運慶仏の内部

運慶のデビュー作、円成寺(奈良県)・大日如来坐像。通常は多宝塔内部に安置されており、ガラス越しに正面からの拝観となる

◆東京国立博物館に過去最多の22体が集結

 史上最大の運慶展が上野の東京国立博物館でスタートし、初日から入館を待つ人の長蛇の列ができた。仏像に疎くても、運慶の名前を聞いたことがある人は多いだろう。2008年には運慶作とされる仏像がニューヨークのオークションに出品、約14億円で落札されニュースとなった。

 運慶とは平安時代から鎌倉時代に活躍した仏師で、「慶派」と呼ばれる仏師集団に属していた。治承4年(1180年)、平家による南都焼き討ちで、奈良の興福寺や東大寺は伽藍と仏像の大半を焼失。父・康慶をはじめとする慶派の仏師たちは、その復興に携わった。父亡き後は慶派一門の長となり、活躍を続ける。武士の時代になり鎌倉に幕府が開かれると、東国武士からも仏像の注文が入るようになる。

 現存する運慶作あるいはその可能性が高い仏像は31体と言われているが、今回の展示では過去最多の22体が集結。普段お寺では見られない角度から、じっくりと鑑賞することができる。

◆仏像のリアルな表情をつくりだす「玉眼」

 運慶は玉眼の使い方が非常にうまく、写実性の高さと相まって、存在感の強い生き生きとした仏像を作っている。玉眼は、仏像の目をくり抜き、瞳を描いた水晶・白目の役割の白い和紙や綿・当て木で構成され、それを使用することで目に光が入りよりリアルな表情となる。

 北条時政の注文に応じて造った願成就院(静岡県)の毘沙門天立像(国宝)の見開いた目にも、玉眼が使用されている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)